フィッシングショーOsaka2016. 2日目パトロール報告!

こんにちはJOYるのkey-kunです。

フィッシングショーOsaka2016!パトロールしてきましたよ。

では、早速即売会場のある3号館へGO!

 

即売会場に潜入

IMG_8065

思っているより朝は人少なかったです!

9時のオープンと共にすんなり入場できました(デパートの初売り福袋争奪戦の光景をイメージしていたのに!)

 

まず直行したのはセブンパームスブース!もちろんお目当は『EVOKE1.2』のオリカラ3点セット!

IMG_9994

内容は{EVOKE1.2×3個・フィッシングショーオリジナルケース 1個・ステッカー}で6,000円です。

IMG_8106

大変お得って訳ではあいませんが、JOYるの住んでいる地域ではEVOKE1.2が釣具屋に並んでいるコトはほぼ皆無!さらにオリジナルカラーというコトを考慮すれば安いかな?!と思っています。

昨年の早春はEVOKE1.2にお世話になりましたから、これからの時期なくてはならない相棒となります。今年も期待してます!

EVOKEを詳しく知りたい方はコチラ→猪突猛進 カバークランク

次に購入したのが↓

FullSizeRender 12

JOINTED CLAW178

リアル3Dプリントのジョイクロです!

IMG_9989

水に入れると超リアルでしたよ!

なんと6,010円!!コレは高い!?

しかし、今年は全国のリザーバーを攻める計画を立てているので超クリアなフィールドで威力を発揮してくれるコトを期待いて購入いたしました。釣果報告お楽しみに!!

自分のルアーをペイントしたい方は680,000円で3Dプリンター購入して下さいね→Roland

 

そのあとアングラーズグループのブースに移動してRAID JAPANの「DODGE(ダッジ)」を購入。

IMG_9987

color : HARAGURO

実は初めて購入しました!会場の空気って怖いですねw

勢いで購入してしまいました。お値段3,300円。

カナモの釣果を見れば釣れるコトは間違いありません!

こちらも釣果をお楽しみに!!!

その他の即売ブースは「店舗の売れ残り」を持ってきた感じで、まったく購入する気になりませんでした。釣具屋さん「アングラーはバス以上にスレてますよ!!」

ってことで次の会場へGO。

 

各メーカーひしめく6号館ゾーン

IMG_8079

入口正面いきなり顔面

俺たち。秦拓馬がトークしてました!

秦さんって本当によく釣りますよね!尊敬する釣り人の一人です。それにしても顔デカいですね!そして、JACKALLブースもデカいです。経済力を感じます。

 

デカいと言えば会場にはデカい鯛も泳いでましたよ!

大きな鯛!海釣りも魅力的です。

今回のフィッシングショーで海釣りの魅力も再確認。

さらにデカいと言えば、シグナルブースにこんなデカいルアーが!

FullSizeRender 7

スタッフさんによるとロクマルクラスはかなりチェイスしてくるそうですよ!

アマゾンで釣りしたらデカいの釣れそうですね!

野池で使うと他のアングラーに迷惑ですのでおやめ下さいw

アマゾンで投げたらデカいの釣れそうですね!海外遠征行くときに是非とも使いたいです!

今年もまだまだデカルアーブーム来ますね!コレは!!

 

デカい車も!!カッコイイ。FORD F-150ですかね?フォードそこまで詳しくなくてすいません。

IMG_8072

しかし、カッコイイですね。ペイントのマット感ツボです!

IMG_8074

こんな車でバスボート引っ張って全国で釣りしたいですね。 お金のことは考えずにね!

IMG_8097

 

まとめ

 

「男のロマン」がいっぱい詰め込まれたフィッシングショーはやっぱり楽しいですね!

男はいくつになっても少年なんです。男性は女性よりも我慢弱く本来臆病な生き物です。そして、男性は自分の「ナニ」に対する自信と不安がいつも交錯している(ということをアメリカの医師Lawrence D. Blum准教授が記事にしております「英語ですが読みたい方はどうぞコチラそこから、日常生活においてもさまざまな心理状態がもたらされると暗示しています。

男性は知らず知らずに不安な日々を過ごしているのです。

『せめて釣竿ぐらいは自慢の一本持たせてやって下さいよ!』

本当男っていつまでも子供ですいません。

IMG_8095

素晴らしい『竿』に群がる男性達!

「男のロマン」とは女性にはなかなか分かってもらえないモノです。いや、分からないから「男のロマン」なのかもしれません。

憧れや夢や理想やファンタジーとかそういうものです。いつまでも熱い心を持った男にしか理解できないモノなんです。いくつになっても憧れてを持った人って素敵ですよね!JOYるもフィッシングショーを通じて改めて熱いカッコイイ大人の男になりたいと強く思いました。

「まだ誰も釣ったことがないデカバスを釣る」そんなロマンを追い求めて今年も一年全力で「釣り」を楽しみたいと思います!

以上。フィッシングショーOsaka2016パトロールでした。

 

-敬礼-

ABOUTこの記事をかいた人

-key-kun- 1985年4月22日生まれ。兵庫県育ち。動物占いはdeps代表と同じくペガサスです。Fishing Styleは基本デカバスしか狙わ無い。よく行くフィールドは川、野池、最近琵琶湖始めました!いつか日本でものびのび釣りができる環境が訪れるように、まずは自分が出来る活動から「微力ながらフィールドのゴミを拾っています」FieldPatrol.