梅雨の信濃川をPATROL!スモールマウスバス捕獲成功!

こんにちはJOYるのkey-kunです。

6月18/19日は“S.M.B”ことSmallMouthBassを釣りに東北地方まで行って来ました!JOYるの本拠地がある”神戸”からは車で片道6時間の旅。

そんな見知らぬ地でBassが釣れるポイント探しのコツとスモールマウスバスの釣り方をJOYるなりに解説します!

今回の動画はコチラ

 

ポイント探しのコツ!

今回は何の事前情報もなく訪れたので、ポイント探しからスタート

初フィールド(今回は「川」)のポイントを探すときのキーワードは・流入・テトラ・橋・ワンド・水門とJOYるは考えてます!それから一番重要なのが実際に目で見たときの“勘”です。※シックスセンスを研ぎ澄ましてください!

そして、その条件から最初に導きだしたポイントがこんな感じ。

ポイント

スモールマウスバスはラージマウスバスと比べ回遊性が強いです。回遊コースは基本的に決まっていて、回遊コース=餌が食べれるポイントとなります!

そして“流れ”がキーになってきます。

ということで、餌が多そうなテトラ絡みの流れのあるポイントからピットイン。いかにも釣れそうでしょ!?

さっそくパトロール開始!!

 

答は早かった!イイ魚Hit集。

藪漕ぎしてテトラ帯の端から瀬になっている沖にキャストして早巻きすると開始早々Hit!!

IMG_4336 IMG_4340

黒くていい魚だ!尾びれもデカい!!

IMG_0147

左目が失明してますね…!釣れてくれてありがとうな。

IMG_4370

堂々の47cmのGood SmallMouthBass確保!!

Hit時刻はAM 7:45。

2日目も同じポイントの少し下流でHit!!

IMG_4564

体高のあるPerfectS.M.B!!

IMG_0160

サイズは44cm程ですが筋肉マンないい魚!!

Hit時刻はAM 5:00。

 

そして、すぐさまヤーマン少将がHit !!!

IMG_4618

一匹目とほぼ同じポイントでHit!!

IMG_4583

体高もあって長さも45cmあるGooood S.M.B!!

Hit時刻はAM 5:10 。

スモールマウスはとにかく凄いファイトです!ラージマウスに比べて俊敏性、トルク、全てが上回ります!

足元では右に左に上に下にと走るので、へなちょこなスピニングロッドではとても制御できないと思いますよ!

だからkey-kinはベイトを強くオススメします!!

ラインは10lb〜14lbですかね!?何を使うかにもよると思いますが口が小さいので、どうしても使うルアーは小ぶりになりますから細めを巻きましょう!ただしファイトが凄いので細すぎるとラインブレイクします。ご自身のタックルバランスと相談してチョイスしてください。

 

Hitポイントを紹介!

Hit

全てカレント絡らみの水の淀み所でHit!

スモールの捕食特性の一つで「流れ込みから餌が落ちてこないか待ち伏せる」ってのがあるんですが、まさにそれが当てはまってますね。

・1日目のHitポイントは本流の浅瀬の部分から深くなっているポイントでHitしました。

ルアーを上流にキャストして瀬をドリフトで通過させ、深場に差し掛かったら早巻きでドン!!

・2日目もほぼ同じ感じで本流と小さいインレットがぶつかってヨレてる部分でHit!!。本流の流れに乗せてルアーを10m程ドリフトさせて巻き始めにドン!!

※このHitシーンは最後に動画が有るんで確認してください!

IMG_4639

Hitしたのは、真ん中の少しヨレてる部分です。

それと今回の釣行で確信したことが、スモールは群れで捕食することが多いので(スクールってヤツ)1匹釣れたら同じポイントで連発することがあるということ

みなさんお友達が釣れたら、釣れた近くのポイントにキャストさせてもらうと釣れるかも知れませんよ!?

ただ、ラージと違って瞬間で食性が変わる気分屋だそうです!

ラージは小魚追いかけてる時は小魚しか見えてません。しかし、スモールは小魚追いかけていても目の前に虫がいたら、「ラッキー虫じゃん!」って食べるそうです。

だから、ミノーで連発したと思ったら、急に釣れなくなってネコリグに変えた途端また連発!!また止まって虫系ルアーにしたら連発!!!みたいなことが起こるそうです。

そこもまたルアーフィッシングとしては楽しめてイイ所ですね!

 

今回のHitルアー!!

 

key-kinのHitルアー

issei/G.C.ミノー89  SP model(slow floating) カラー : キンクロ

IMG_5069

このルアーをチョイスした理由はスモール狙いなのでシェイプは細め、だけど最低8gはないとdepsのロッドでロングキャスト出来ないとなった時にこのルアーしか無かったためです。カラーをキンクロにした理由は昔から好きという理由と初場所で水質が分からない時でも万能なため。クリアウォーターでもマッディーウォーターでも通用するようにキンクロをチョイス!

G.C.ミノー89を詳しく知りたい方は→コチラ

ヤーマン少将のHitルアー

deps/EVOKE shad

IMG_5072

このルアーをチョイスした理由は、少将の持ち合わせているルアーの最小がバリソンミノーだったためkey-kunが貸しました!wスモールでも大きなルアーにバイトしてくる事はありますが、やはりマッチザベイトには勝てませんから、捕食しやすいシャッドをレンタルしました!そしたら見事にHit!!さすがです。どの地域でもどんなフィールドでもこのルアーは本当に万能に使えます。オススメですよ!

deps/EVOKE shadを詳しく知りたい方は→コチラ

 

チビスモール釣り方!

IMG_4527

JACKALL/i shadでHit!!

夕まずめに回遊コース待ち伏せでチビ連発!!流れの緩やかな砂地のポイントは小さなスモールが捕食に集まってくる。i-shadで小魚捕食パターン。

JACKALL/i shad情報

IMG_4827 IMG_4795

IMAKATSU/アンクルゴビーでHit!(#1オフセットフック使用)

他にも7匹ほど釣れて完全にパターン激ハマり!

こちらは川幅が広くなって流れが穏やかなロックエリア、ボトムをフワフワさせるだけのノンアクションな釣り!これが意外と難しく底感だけを感じながらゆっくり流されてドリフトさせるイメージ。難しいポイントは常に底を取るコトと糸ふけ取り。ラインは張りすぎず緩めすぎず!難しいだけに釣れた時はチビでも格別!!

このボトムの釣りは、日が昇りきった時間に有効でしたよ!!

※リグは5gダウンショットです。これ以上重いとフワフワ感を演出できないし、岩と岩の間にスタックしやすくなります。逆に軽すぎても川の流れに押されすぎて底を取れないので川でダウンショットするなら5gぐらいがベストだと思います。(川底のマテリアルで異なる場合あり!)

IMAKATSU/アンクルゴビー情報

 

 

まとめ

今回、川スモールマウスを陸っぱりで狙ってみて確信したコトは、大きいサイズはやはり流れの激しいポイントで餌を待ち構えている!チビは流れの穏やかなポイントに回遊してきて餌を捕食していた!(フィールド状況で異なる場合あり)

なので川でスモールマウスバスを狙うなら回遊してくるポイントをランガンするコトが有効になります。大きいサイズを狙いたいなら流れのあるポイントをランガン!小さいサイズを狙うなら流れの穏やかなポイントをランガンする!

JOYるのオススメは朝いち流れのあるエリアでBIGスモールマウスを狙って、日中流れの穏やかなポイントでチビで遊ぶ!夕まずめは再び流れのあるポイントでBIGスモールマウスを狙うのはどうでしょうか?

使うルアーはラージマウスで使用するルアーの少し小ぶりなモノで有ればOK!特殊なコトは一切必要ありません。気をつけるなら、流れの激しいポイントではいくらスモールの目がイイといってもルアーを見つけてもらいにくいのでフラッシング・サウンドのあるプラグスピナーベイトが有効かと思います。逆に流れの穏やかなエリアではリアルワームポッパーなどが有効ですね!!

あとは信じてひたすらキャストするのみ!この夏、暑さを避けて日本の北へスモール狙に行きませんか?

以上。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

-key-kun- 1985年4月22日生まれ。兵庫県育ち。動物占いはdeps代表と同じくペガサスです。Fishing Styleは基本デカバスしか狙わ無い。よく行くフィールドは川、野池、最近琵琶湖始めました!いつか日本でものびのび釣りができる環境が訪れるように、まずは自分が出来る活動から「微力ながらフィールドのゴミを拾っています」FieldPatrol.