釣り人が出すゴミ!『ゴミランキング2016!!』第7回。

こんにちはJOYるです!

今回はご無沙汰していたゴミランキングです!早いモノで7回目ですね!

最近取りためていたゴミをまとめて仕分けしてみると酷さが際立ちました!普段は広い釣り場で見かけるのでココまでひどく見えませんが、まとめてみるとヒドいもんですね…。

IMG_0

では、早速ランキングしていきましょう!

 

釣り人が出すゴミ「ゴミランキング2016」Vol.7

今回の顔ぶれ!

IMG1

ゴミランキング2016とは“絶対にアングラーの出した”ゴミだけを集めて勝手にゴミランキング付けちゃおう!そして2016年は1年かけてゴミを集め集計し、年末に年間王者を発表しちゃおう!っというJOYるの趣味企画です!

 

今回のゴミ集計結果

ゴミの種類ランキング

  • ワーム     19個
  • ルアー        1個
  • ラバージグ  1個
  • ライン        大量!!

メーカーパッケージランキング

  • JACKALL                                      3個
  • deps                                                 3個
  • EVERGREEN                              3個
  • ACTIVE                                          3個
  • KEITECH                                      2個
  • FINA                                                2個
  • ZAPPU                                           1個
  • MEGABASS            1個
  • GAN CRAFT                                1個
  • O.S.P                                                1個
  • DAMIKI JAPAN                         1個
  • PRIAL                 1個
  • Daiwa                 1個
  • 驀 進ルアーデザインズ        1個
  • TIEMCO                                         1個
  • WATER GREMLIN                   1個
  • GRANCOMPANY                     1個
  • RYUGI                                              1個
  • FULLCAST Ⅱ                               1個
  • MATZUO                                        1個
  • VALLEYHILL                                 1個
  • Liberty                                              1個
  • crossfactor                                     1個
  • ゲイリーヤマモト                     1個

 

現在のゴミランキング トップ3!

ゴミの種類ランキング

  1. ライン 殿堂入り(測定不可能)
  2. ワーム 48個
  3. ルアー 15個

メーカーパッケージランキング

  1. JACKALL     7個
  2. DECOY(カツイチ) 5個 ・O.S.P    5個  ・ゲイリーヤマモト  5個
  3. ACTIVE 4個

※ラインは以前の回収で測定不能になってます!!

琵琶湖パトロールで「ハチマル確保!」しっかり計測したいから持ち帰る。

2016.04.01

 

まとめ

いつまでたってもゴミは減りません。減るどころかシーズンに入り増える一方です!!

釣果も大切ですが釣り場はもっと大切だと思ってます!釣り場なしに釣りはできない。

そして釣り場は大体は借り物です。国か個人か県か市か?

誰かの所有する土地です!ですから釣りができる事は当たり前じゃなく、有難いコトです。

本来なら「ゴミを持ち帰ろう!」とSNSを活用しプロやメーカーはもっと声を大にして発信するべきだと思っています。実際ゴミ拾い活動や未来のためのキッズスクールなども積極的に行われているみたいですが全然露出していないのが現状です!!!

業界的にゴミ問題に触れるのはタブーなんでしょうか?

もちろん日本全国でバス釣りが禁止されるコトはないと思いますが、年々フィールドは確実に減っています。また、バス釣りから海釣りへと乗り換える人が増えているそうですが、海釣りもまたゴミ問題が増えているそうです。

単純に乗り換えればいいだけの問題じゃなさそうです!!

釣りをする人自身が変わらないと、いつまでたっても深刻な問題だと言うことです。

この記事をきっかけにバス釣りの未来が少しでも良い方に動けば幸いです。

 以上。

ABOUTこの記事をかいた人

-key-kun- 1985年4月22日生まれ。兵庫県育ち。動物占いはdeps代表と同じくペガサスです。Fishing Styleは基本デカバスしか狙わ無い。よく行くフィールドは川、野池、最近琵琶湖始めました!いつか日本でものびのび釣りができる環境が訪れるように、まずは自分が出来る活動から「微力ながらフィールドのゴミを拾っています」FieldPatrol.