広大な琵琶湖を1人でパトロールしてきた3日間!【Day3】完結。

こんいちは、JOYるのkey-kunです。

前日は北湖西岸にテントを張り琵琶湖の波の音を聞きながら就寝しました。

琵琶湖3日目の朝は起きた瞬間から大自然がお出迎え!!

言葉にできないほどの最高の景色が目の前に広がってました!このような景色を見れるのも釣りの魅力の1つだとJOYるは思います。

 

黄金の琵琶湖!

IMG_1305

最初は赤っぽい色。

IMG_1306

少しづつ金色に!

IMG_1307

完全に黄金です!!

目を覚まして外を眺めてらこの景色とか贅沢。朝早起きするだけでこんなに幸せな景色が見れるなんて!早起きは三文の徳とよく言ったもんです。

P1080925

ここに住みたいぐらい居心地がいい。

しばし最高の景色を見ながら釣りを忘れてモーニング。

コーヒーとバームクーヘンを頂きます。

P1080935

至福の時を終えると急ピッチで移動!

天気予報は午後からは大雨の予報!!!!

 

真野まで一気に南下!

前々からゆっくりパトロールしてみたかったポイントは琵琶湖大橋すぐ近くの真野川河口です。

予報より早く雨が降ってきた!

恵みの雨となるか?

IMG_1346

到着早々ラインゴミ発見!!

IMG_1343

こんな感じで絡まりまくってます!!

IMG_1344

ゴミ拾い屋じゅないんで、しっかり釣りも満喫するぞ!

ココではdepsのもっこりさんに教えてもらったサカマタシャッド8インチマル秘リグを試したかったので8インチを沖に遠投からのアクション。トレースコースを変えたくて回収してるといきなり

Hit!!

するも3秒ぐらいでバレる!!

OMG!!送りが甘かった…

「ぷんっ!!」と外れる感覚があったのでかかりが甘く身切れしたと思われる。

8インチを諦めて6インチで早めのテゥイッチアクションで誘うといきなりHit!!

IMG_1333

綺麗な30ジャストぐらいが釣れました!

6インチに落とすとこのサイズも食ってくるから悩みものですね…まぁ〜釣れて嬉しいんだけど大物狙ってるだけに複雑です。

このあと雨脚が強くなって来たので目につくゴミを拾ってひとまず退散!!

IMG_1345

その後も雨はやむ気配がないので東岸に渡り野洲川付近をパトロール!

 

東岸で危うく大惨事!

護岸沿いを巻いてると何かに引っかかった「コイツだけはロスト出来ないぞ! 今やヤフオクで1万5千円はするwそれ以上に色んな思い出があるんや!」

IMG_1350

カワイイ顔しとる。

と思いながら自分のラインの方が太そうだったので引っ張るとなんとか回収できたけど...ホンマラインゴミ捨てるのだけは勘弁してくれ!!

ワザとじゃない時もあるが極力回収できる場所は回収する努力をよろしくお願いします。

他のラインゴミも拾ってこのポイントは終了。

IMG_1351

 

足の限界が近づく..

そう、昨日足を怪我したんだけど親指の爪を怪我してるから靴が痛くて履けない!

かといってサンダルだと雨で濡れて化膿してくる…。

そこで、ダサいけど奥の手を使う。

IMG_1349

ビニール袋を被せるという原始的なガード!これでまだ大丈夫だ!!w

 

釣り仲間と合流。

釣り仲間が琵琶湖に来てるとのことで「合流してご飯でも行こう!」という話になったので木浜水路で待ち合わせすることに。

待ち合わせまで時間があったのでゴミ拾い!相変わらずラインゴミだらけ…ちょっとポイントを変えるだけでまだこんなに沢山!!

IMG_1353

この量は唖然です!!

そうこうしてるうちに釣り仲間のブル研GOO-chan登場!

強制的にゴミ袋をプレゼント!

IMG_1356

生首おばけみたいになってますが…ゴミ袋が大きいってコトです!気合の45Lあります!!

この日彼はフロッグ縛りで琵琶湖に挑み見事バスを釣っております!!

IMG_1354

この男はず〜っとラリバー縛りでやっとります。凄すぎます!

詳しくはブル研ブログでご覧下さい→ブル研

JOYると違ってマジの釣り好きが集まってるんで為になります。

 

釣りの話で盛り上がる晩御飯!

IMG_1358

守山にある塩元帥で晩御飯を食べながらひたすら釣りの話し。散々釣りしたあとなのにまだ釣りのコト考えてるのは本当に釣りバカだな!

3日間を振り返る!!

まず、大きな魚には出会えなかったコトは残念。しかし、新たな出会いや新たなポイントを発見できたコトはとても良かった!けど、一番印象に残ったコトはやはりラインゴミの多さだ!!

連日絶えずアングラーの訪れる人気フィールド琵琶湖は日々人の手でいや、ほとんどアングラーの手によって破壊されているのがリアルなんだと思いました。自分は琵琶湖に通い始めてまだ1年も経たないけど琵琶湖が大好きです。

スケールが大きいし、ロクマル・ナナマル・ハチマル!?が釣れるかもしれないというロマンがあります。

どうして、この最高の琵琶湖リスペクトせずに釣りが出来るのかは分からないけど、実際にそのようなアングラーが存在するのは事実です。この事実に目を背けて「今が楽しければイイか!」ってみんなが見て見ぬ振りをすればいつか必ずツケが回って来ます。

それが、来年なのか5,10年後なのかは分かりませんが必ずやって来ます。

だから、まだゴミの少ないうちに手を打っておきたい。

今はゴミを捨ててる人の大半は悪気なく捨ててるだけ!だから知る事さえ出来ればゴミを捨てなくなる可能性があるんです。

そのきっかけがJOYるでは無くても全然イイと思う!むしろ有名なプロの発信の方が影響力も強いですから!プロもどんどん発信して欲しい。ただプロはあくまで釣りで食べてるんでゴミ中心の発信じゃ食べていけないですからね!

その点JOYるはゴミの発信をガンガン行えますんで頑張りますよ!!

そして、どうか皆さん力を貸してください。

拡散だったり、イベントだったりにゴミ袋使って下さい。もちろんゴミ袋は無料で差し上げます!

どしどし問い合わせお待ちしてます。

バスフィッシング界の未来が少しでもよくなるような動きをこれからも進めていきますのでよろしくです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

-key-kun- 1985年4月22日生まれ。兵庫県育ち。動物占いはdeps代表と同じくペガサスです。Fishing Styleは基本デカバスしか狙わ無い。よく行くフィールドは川、野池、最近琵琶湖始めました!いつか日本でものびのび釣りができる環境が訪れるように、まずは自分が出来る活動から「微力ながらフィールドのゴミを拾っています」FieldPatrol.